会長挨拶

   

諫早医師会会長
山口 実
   諫早医師会は開業医、勤務医合わせて約260名の会員で構成され、地域住民の日常の医療を提供するばかりでなく、地域の健康、保健、福祉などに貢献する種々の活動を行っています。

   諫早市民の皆様の公衆衛生の向上に関する事業として、健康教育、講演活動(のんのこ健康大学、市民公開講座など)、各種検診事業、学校保健事業などがあります。

   地域の保健、医療の推進発展に関する事業として、予防接種、インフルエンザ等の感染症対策、緊急医療対策、在宅当番医の配置を行い、特に全国的にもいち早く諫早市、開業医を中心とする小児科医、諫早総合病院のご協力で、諫早市こども準夜診療センターを開設し小児の夜間の救急を担当しています。

   看護、介護の推進に関する事業として、長崎県央看護学校を運営し、多くの看護師を養成輩出してまいりました。さらにケアセンターたんぽぽ(訪問看護、訪問介護、居宅介護支援)の運営、および地域包括支援センター事業を行っており、平成30年8月からは医療介護連携支援センターの事業を行うことにしております。

   今後の医師会の活動として、間近に迫ってきた超高齢化社会における市民の医療、介護に対する市民のニーズにどのように対応していくか大きな課題であり、我々に求められるものは誠に大きなものがあると思います。
   諫早医師会は日本医師会、長崎県医師会とともに、世界に冠たる国民皆保険の堅持を主軸に、市民の視点にたった多角的事業を展開し、真に市民に求められる医療供給体制の実現へ向けて一丸となって対応してまいります。

今後とも当医師会の活動に御理解、御協力をよろしくお願いいたします。

平成30年5月
一般社団法人諫早医師会
会 長  山 口  実
   
※日本医師会綱領
日本医師会は、医師としての高い倫理観と使命感を礎に、人間の尊厳が大切にされる社会の実現を目指します。
(1)日本医師会は、国民の生涯にわたる健康で文化的な明るい生活を支えます。
(2)日本医師会は、国民とともに、安全・安心な医療体制を築きます。
(3)日本医師会は、医学・医療の発展と質の向上に寄与します。
<<一般社団法人 諫早医師会>> 〒854-0072 長崎県諫早市永昌町23番23号 TEL:0957-25-2111 FAX:0957-25-3100