本文へ移動
2
0
6
5
2
7
一般社団法人 諫早医師会
〒854-0072
長崎県諫早市永昌町23番23号
TEL.0957-25-2111
FAX.0957-25-3100

平成30年7月豪雨関連

一部負担金等の支払猶予となる市町村が更新されました。
利用料の支払い免除等の実施する市町村の所法が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
平成30年7月豪雨による災害に係る7月サービス提供分の介護報酬等の請求等の事務について事務連絡がなされました。
7月27日、日本医師会より厚生労働大臣に対して平成30年7月豪雨災害による被災医療機関等の復旧支援に関する要望書をが提出されました。
利用料の支払い免除等を実施する市町村の情報が更新されました。
被災地において医療用酸素ガスボンベの代わりに工業用酸素ガスボンベを用いて医療用酸素ガスを供給する事に等についての事務連絡がなされました。
医療関係職種等の各学校、養成所、養成施設に、医療関係職種等の国家試験・各都道府県実施試験の受験資格及び学校要請書等の運営等について、在学中の学生及び生徒の就学に不利益が生じることがないよう取扱いが示されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
診療録等を滅失若しくは破損等した場合又は豪雨被災直後における診療行為については十分に把握する事が困難である場合の対応について示されました。
平成30年7月豪雨の被災者に係る介護サービス利用料の還付等に関するQ&Aが発出されました。
岡山県、広島県、愛媛県の社会福祉施設等に対する相談窓口が設置されました。
利用用の支払い免除等を実施する市町村の情報が更新されましたので情報提供されました。
利用楼の支払免除等を実施する市町村の情報が更新されましたしたの情報提供がなされました。
「平成30年7月豪雨による災害についての特定非常災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令」により、当該災害が特定非常災害に指定されるとともに必要とされる措置が講じられました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村及び健康保険組合等が更新されました。
特別調整交付金の交付対象となる、当該被保険者に係る第一号保険料の減免の取扱い等について事務連絡がなされました。
介護保険施設等を含む社会福祉施設等や福祉避難所への派遣における介護職員等の派遣に係る費用の取扱いについて、人件費や旅費等に関する費用支弁対象および支給・清算の方法について事務連絡がなされました。
避難生活のため、(介護予防)短期入所生活介護や(介護予防)短期入所療養介護等を利用し、区分支給限度基準額を超過した場合についての事務連絡がなされました。
平成30年7月豪雨により被災した障害者等に対する支給決定等について事務連絡がなされました。
平成30年7月豪雨に伴う医療法等の取扱いがまとめられました。
一定期間保存すべき文書等が滅失した場合の取扱いを「文書保存に係る取扱いについて(医療分野)」と同様とするが示されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村及び健康保険組合等が更新されました。
新規の申請の取扱い及び受給者証等の有効期間経過後の取扱いが示されました。
利用料の支払い免除等を実施する市町村の情報が更新されました。
被保険者に係る利用料の負担の取扱い(3)の続きです。
利用料の支払い免除等を実施する市町村の情報が更新されました。
災害により被災した要介護者等を受け入れる事業所向けに、これまで示された今般の取り扱利を整理した事務連絡がなされました。
災害救助法が適用されたため災害により被災した要介護高齢者等への対応に関する事務連絡がなされました。
広域的調整体制を構築する際に考えられる取組や、留意事項および特例措置等に関する事務連絡がなされました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村及び健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村及び後期高齢者医療広域連合が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村や健康保険組合等が更新されました。
一部負担金等の支払猶予の対象となる市町村や健康保険組合等が更新されました。
一部負担金、保険外併用療養費、訪問看護療養費、家族療養費又は家族訪問看護療養費に係る自己負担額の支払が困難な方に対する取扱いが示されました。
労災診療費等の請求の取扱いについてが示されました。
公害健康被害補償制度、水俣病総合対策費補助金交付要綱等及び石綿健康被害救済制度に基づく認定患者等について、被災により公害医療手帳等を消失あるいは家屋に残したまま避難しているために、医療機関に提示できない場合も考えられることから、当該認定患者等に関する医療費等の取扱いについて示されました。
災害等の影響による電気通信回線の機能障害やレセプトとコンピュータの故障により、電子請求等の請求が行えない場合の療養の給付費等の書面による請求についの通知がなされました。
利用料の支払い免除等を実施する市町村の情報が更新されましたので情報提供がなされました。
被災者の医療・介護の一部負担金・利用料の免除等に係る特別対策として、介護サービス事業等とおける利用料の支払い免除等に関する事務連絡がなされました。
今般の被災に伴う介護報酬等の取扱いについて整理され、事務連絡がなされました。
災害救助法が適用されたため、被災した要介護高齢者等への対応に関する事務連絡がなされました。
高齢者等の方々に、生活の不活発化を原因とする心身の機能の低下、いわゆる「生活不活発病」の発症を予防するための活動にあたっての資料が提供されました。
社会福祉法人による当該災害に係る寄付金(義援金)の支出については、東日本大震災時の対応と同様に、特例的に要件を診たすることを条件に支出を可能とする旨の事務連絡がなされました。
認知症高齢者等及びその家族に対する避難所等における適切な支援についての事務連絡がなされました。
要援護高齢者等の安否確認と適切な支援の実施、介護支援専門員等の広域的な確保について事務連絡がなされました。
非難を要する市町村の要介護者または要支援者が、やむを得ず別の市町村に所在する地域密着型(介護予防)サービス事業者所に避難すサービスを利用する場合の取扱いについて事務連絡がなされました。
被災地に職員を派遣したことにより職員が一時的に不足し、人員基準を満たすことが出来なくなる等の場合の取扱いについて事務連絡がなされました。
介護報酬等の請求等の事務につきまして、その取扱いに関する事務連絡がなされました。
今般の大雨の災害により、被災された妊産婦や乳幼児に対して必要な支援等の提供体制の確保について、事務連絡がなされました。
被保険者が被保険者証等を紛失あるいは家庭に残したまま避難していることににより、医療機関を受診した際に提示できない場合等も考えられることから、申し立てることにより、保健診療を受ける事が可能な取扱いとする事務連絡がなされました。
居住地の市町村で定期接種を受ける事が困難な者が、居住地以外の市町村において予防接種を希望する場合の接種の実施について、事務連絡がなされました。
TOPへ戻る